協力隊「辞めた」なつき の ぶろぐ

「地域おこし協力隊」の仕事の内容など、僕目線で感じたことを思ったままに発信

この町の「町おこし」は今じゃないと思うんだ!

f:id:natsuking-15:20180516220037j:plain

はぁ・・・

もう協力隊疲れたよ・・・って最近思っています

 

前の記事でも書いてますが

ハーブで町おこしとしてるけど

そもそもハーブがない中奮闘してきましたが

行き詰まっている点を整理していきます。

 

 ある程度の大量生産は必要

f:id:natsuking-15:20180516004453j:plain

今年ふやしているペパーミント もっと増やすぞ!

当たり前ですけど、「ブランド化」は簡単にできるものではないです

 

生産者及びその地域が自己満足だけで出すのは意味がありませんので

ターゲットになる消費者が認知してもらう必要があります

 

それにはある程度大量に生産できる体制が必要です

 

PRのためにはたくさん作って販売して試してもらう

 

ただ現在はそこまで生産ができない・・・

「今、在庫ないんです〜」は通用しない

f:id:natsuking-15:20180516213957j:plain

前の職場は【アンテナショップ】で勤めていました

 

宮崎からたくさんの商品が提案され

その中でも販売が決定するのもあるのですが

従業員として一番嫌だったのは、

「今、在庫はありません」

 

まだ1週間入ってこないのならまだしも

本当に販売終了??ってくらい入って来ない物もありました

 

そこまでなると従業員はイラ立ちます

棚作りなどの計画が崩れたり

お客様に説明、謝罪をしないといけなくなる

 

そうなると従業員としてその商品及びメーカーを不信感を持ってしまいます

 

経験上、いかに従業員に好かれるメーカーであるか

本当に大事だと感じていますので、絶対に品切れという形で

従業員には嫌な思いをさせたくない・・・

 

だからある程度の生産量は絶対必要。

 

 

結局、誰視点の商品なの?

f:id:natsuking-15:20180516214353j:plain

その商品、だれ目線の商品?



あまり計画していない地域ではいきなり特産品が生まれる場合があります

 

どこのお偉いさんが言い出したか分からないような特産品

周辺関係者が一番つらい思いをする

 

そして「新商品開発」という名の実績づくり活動・・・

 

簡単に作るのではなく、他社の目線で商品を作らないと

ただのゴミになってしまうと思うんですよ

 

なので僕が本当に大事だと思う

2つの目線について!

 

1,お客さん視点

その商品を本当にお客さんが欲しがっているのか?

お客さんが欲しがるパッケージはなんなのか?

 

これは実際に売ってみないとわかりません

 

またお店によって客層も違うので

集まったデータによっては地域ごとにアプローチを変えるなど

様々な戦略が立てれると思います

2.従業員視点

「預かった商品は全部売るのがお店の使命」みたいな店に限りますが

 

販売に真面目な視点を持っているお店の

従業員さんの視点から意見をもらうのも重要な事だと思います

 

お店によっての扱いやすいパッケージだとか

配送のタイミングだとか・・

 

店舗従業員は一番消費者に近いからこそ

売店と一緒に商品を作り上げてもいいと思います

 

 

 

地域の都合だけで作られた商品ほど

中身のない物はないので、、、

長い間リサーチした方がいいと思うけど

担当者が変わってしまう行政だとここ厳しい。。。 

 

今できない理由

f:id:natsuking-15:20180516214736j:plain

仕事、、、ないじゃん、、、


そんなことを考えて協力隊になり早1年半・・・

模索を続けてもなかなか前に進めない自分が情けない・・・

言い訳にもなるけど

出来ない理由は全部で2つ

そもそもサンプル作るほど作物ができてない

農作物などのプロに

「軌道に乗るまでどれくらいかかりますか?」と聞くと

「だいたい5年〜10年単位で考えたら?」と答えが返ってきます

畑してて思うけど、ほんと納得

 

まだこの地域自体が特産品に取り込む準備ができていない

 

だって無いもの売りに行かないといけないなんて・・

そして地域でも認知が低い・・

 

町内唯一の商品に深く関われない

町内には一品だけハーブの商品があります

f:id:natsuking-15:20170704002146j:plain

町内を中心に販売しているのですが

まだまだハーブ生産者の生産が年によって安定しないので

加工業者と生産者の間を取り持っていたのですが

上司から「担当課が違うから関わるな」「その加工場の職員じゃない」

 

けどさ、町唯一の商品だし担当課の方も容認してくださってるのに・・

完全縦割り社会だとこんなにも仕事が遅いのか・・・

 

ということで町として特産品にするのは今では無い。。。 

ブランド化が仕事だったから、生産量はあって商品だけが無いと思っていたけど

どっちもないという;;

これだと生産から始めるからどうしても僕の任期中じゃできない。。。

 

っていうことで現在別の経計画が始動中・・・

大した計画ではないですが次に記事でご紹介します!

 

このブログも毎回愚痴ばっかだから

少しは楽しい雰囲気をだしたいな〜

 

ではでは!