ぶろぐ

思ったことを気ままに発信

2年目の目標【起業】してみたい!

f:id:natsuking-15:20180112005606j:plain

地域おこし協力隊として1年が経ちました。
 
1年目はハーブは詳しくないものの、前職のアンテナショップでの経験を活かし
たくさんの課題・問題点を見つける事ができ、関係者とも情報共有をすることができました
 
さて2年目はなにをしようか・・・
 
今日はそんな事を書いていきます
 
 

2年目の目標

 
冒頭でも書きましたが
1年目では町が行うハーブ産業の課題・問題点を見つけることができました
 
なので2年目は
課題解決と「売る」事にとことん追求していきたいと思っています
 
実際売ってみないと、産業化やブランド化にならないので
販売を通じて考えていこうと思っています
 

実際の現状

いまハーブを活動する上で一番お世話になっているのは「ハーブ愛好会」
まだまだ趣味を楽しむ程度の集まりですが、一部の方は本当にたくさんのハーブを作っています
 
しかし16年間もハーブを作ってきたこの団体は、当初よりもメンバーも減り
ブランド化の一歩でもある「販売」もほとんどが地域内だけなので
あまりにも経験値が少ない
 
県外や都市部での販売はおそらく行政職員が代行したり
他のイベントに商品を持って行く事が多かったので
どうしても生のお客さんの声を聞くことができていないのが問題
 
「売れてましたよー」
「試食の評判はよかったですよー」
 
なんて報告だけで成長できるのか?
 
行政主導で作られた団体らしいが
いまじゃ「生産者が増えていないじゃないか」とお咎めを頂く邪魔な存在
 
僕が町にきた1年目でその雰囲気は感じ取れました
 
 

実際に作れるのか?

 
実際にハーブは作れると思います
 
ただ、取引先は基本一社。
 
町の加工場から「ハーブティ」が販売されているので、材料として納品しています
町のハーブ商材としても「唯一」の商品です
 
取引先がここだけですので、どうしても納品数量は少な目
 
年間通じての計画も少なめになってしまい
畑でせっかく作ったものが売り物にならず廃棄されるのであればと
どうしても生産量は少なくなってしまいます
 
なので販売先を広げて、栽培計画も少しづつ広げていきたい!
 

販売価格の課題

 
都市部の方、ご存じでしょうか?
田舎は野菜が、めちゃくそ安いです。
 
葉物でも何でも100円くらいが適正価格のような設定
 
なので100円前後での価格競争が行われています
 
こんな地域だと知名度の少ないハーブはなかなか売れない上に
価格まで低価格で勝負してしまうと
ハーブでの儲けなんてほとんどありません。。。
 
よく言われるのは
「付加価値をつけて~」
「6次化産業で~」
なんて地方では平気で行ってきますが
いうやつほど何もしないし、状況を把握しようとしない。
 
小さな個人農家が、生産・加工・販売まで手が回らないって
めっちゃ資金のある農家であれば可能だけどね
簡単にはいかんですよ
 

生産者の為にお店を開こう!

 
大きな課題は「販売」という事がわかりました
 
地域内での販売を広めても首を絞めるだけなので
できれば県外で広めたい!
 
なので、ネットショップから始めてみようと思います!
いわゆる「起業」です!
 
行政主体で販売を期待していると
イベントごとに出店が多く
ミーハー層だけに認知されるよりも
本当に必要とされている方に届けることを目的に販売をしたいと考えています
 
本当は「大きなお店を構えてぇ~♪」
なんて考えていきたいと思いましたが
どうしても地方は人の通りがなく、店舗を抱える方が金かかる。。。
 
それであればネット上で、、、と簡単に言いたいが
無数に店舗が乱立している今だから厳しいのは事実。
 
「販売」を目的としているが
まず一番の目標は「PR」すること
 
とにかく知ってもらわないと意味がないし
仕事の風景は外には見えないし。。。
 
とにかく、「PR」を目的にショップを作ります!
 

実際、不安だらけ

 
新しい事や、ワクワクする事をしようとすると
正直怖い。。。
 
前に進めない。。。
 
自分も協力隊の任期はあと2年
とにかく何かをやらないといけない
 
経営も興味があるし、商品も実際いい物
 
だからこそ、やってみたいし、町民の為に広めたい
 
 
女々しいですが
とにかくやってみます!!
 
何かいいアドバイスがあれば
よろしくお願いいたします!