協力隊なつき の ぶろぐ

「地域おこし協力隊」としてハーブのブランド確立させるために地元宮崎へ!  そんな日々の出来事を綴っていきます。

【11月】畑の様子を見てみよう!

7月に畑を始め季節も大きく変わり始めています

 

natsukilog.hatenablog.com

 約100日たった今の畑の現状を見てみましょう!

 

ペパーミントが元気になってきた!

よくネット上で

「ミントテロ」という言葉を見ます

 

畑では正直そんなことありません

豊かな土は

残酷なくらいに雑草を育てます・・・

 

最近は朝が冷えるようになり

周りの雑草が枯れ始めました

f:id:natsuking-15:20171102210618j:plain

⬆ただミントは結構寒くなっても元気です!

 

ミントは元気は元気なんですが

f:id:natsuking-15:20171102210823j:plain

⬆両サイドは雑草です

 中央の茶色に枯れた雑草の中に見える

 緑色の葉っぱがミントです。。。

 

周りの枯れ葉のせいで日光も当たらないので除去します

ただ根っこが絡んでおり厄介で神経使う作業。

 

ミントは地中深くに根をはらず

地表近くに根をはるので簡単に抜けてしまいます。。。

 

しかし生命力の強いミントは

抜けても土にうえてしまえば問題ありません!

 

f:id:natsuking-15:20171102211253j:plain

⬆茎を埋めてしまえば根っこが出てくるので

 出来るだけ土に埋めてしまいます!

 来年に向けてのミントも増やして行きたいと思います!

 

にんにくが成長してる!!

f:id:natsuking-15:20171102211625j:plain

⬆左が10月に定植し始め、右が本日撮影!

葉の大きさが明らかに違う!

ドンドン大きくなっています!

早く食べたい・・・

 

 レモングラスは季節的にそろそろ・・・

natsukilog.hatenablog.com

一番最初に始めた「レモングラス

自分でも思い入れのある作物の一つです

f:id:natsuking-15:20171102212548j:plain

⬆下から約20cm(茎から上)のみを収穫し

 たった1月でこんなに復活!

f:id:natsuking-15:20171102212554j:plain

 

⬆本当に成長の早い、そしてハーブティでも美味しい作物!

 

今回のものは一度刈り取り草マルチにします

先週来た台風22号の前に

レモングラスでマルチしてみたら

泥の跳ね返りがほとんど無くなりました

予想以上の効果でびっくりしました!

 

安定のレモンバーム

f:id:natsuking-15:20171102213703j:plain

⬆この子は収穫してもすぐに生えてくる丈夫な子です!

 

以前、この株から収穫した葉を冷凍して保存してます

お茶パックに凍った葉を入れて

カレーを作る際に野菜を煮込む時に入れてみました。

 

凄く美味しかったですw

 

下に若干見えるのは、レモングラス

雨の後はいつも下の葉が泥で汚れていましたが

今回はレモングラスが大活躍!

 

特に台風でも効果が出たのでビックリ!

 

町おこしになるか!? ポッドマリーゴールド

 

 

 

これでウチは町おこししますw

 

コレを老人に作らせて「生きがい」を創出します!

 

年金をもらってるので報酬はいらないそうですw

 

町おこしとしてはストーリーもなく

ただ徳島の葉っぱビジネスをパクっただけ

 

老人たちにも作らせるけど

報酬の話は一つもしてない・・・

 

とゆうことで、僕たちは試験栽培しています!

 

f:id:natsuking-15:20171102214616j:plain

f:id:natsuking-15:20171102214621j:plain

カワイイ芽がでてます

さて、取引金額はいくらなんでしょう?

 

僕達としては将来ハーブティの原材料になればいいかな

なので大切に育てていきますよ

 

台風で少し倒れたジャガイモ

f:id:natsuking-15:20171103102750j:plain

対策もしなかったので僕達の責任なんですが

台風で少し傾いてしまいました

 

これから様子をみて対策を練っていきます

 

少しずつ増えている作物

本の少しづつでは有りますが

作物は増えています!

 

今後の商品開発や試験栽培を行い

この土地に合うような作物を見つけて

今後を考えて行こうと思っています

 

役所の机に座ってるだけじゃ何にも解決出来ない

ハーブで町おこししたいと言いながら

実際に畑にでて生産者と作物と向き合う人間がいません

 

二宮金次郎の「小積為大(しょうせきいだい)」

 

この小さな部分を

たとえば作物の栽培情報や今までの販売経歴など

きちんと情報を集め整理した上で行動に移すせばいいのに

 

行政はいきなり

「大きな取引」「大きなイベント」

とのことしか考えていない

 

実際に畑にでて、生産者と話してみると

かなり負担がかかっている現状がわかりました

 

知ってるのと、知らないとではかなり違います

 

嫌われながら頑張っていきます!

担当者としてはこの取組はかなり嫌いらしく

何回か呼び出され、提案を却下され、会議の資料も渡してもらえないなど

かなり嫌がらせを受けてますが

 

その分、役所の外の生産者・加工場とは信頼を築いてます

 

役所の中の人間は結局は

何事も生み出せない人間が多いです。

 

だって「3年後は・・・」と自分の将来しか気にしていない

 

生産者からした「ふざけるな」といいたい

 

冬は冬で畑での作業はあり

他の生産者のお手伝いもして

作業の手順・効率化などの整理したい情報が沢山あるので

これからも頑張って行きます!!!!