協力隊なつき の ぶろぐ

「地域おこし協力隊」としてハーブのブランド確立させるために地元宮崎へ!  そんな日々の出来事を綴っていきます。

「行政」の求めるもの「自分」の目指したいもの

よく地域おこし協力隊の

ブログや記事を読むと

たまに出てくるフレーズ

 

”若者を殺す制度”

”若者の未来を奪う”

などなど

 

自分もたまに感じる事があるので

これから協力隊になりたいと思っている人に

届いてくれ!!

 

全国の担当者にも届いてくれ!

 

 

 1.仕事を急に抑制してくる

何回も書いてますが

僕が「ハーブのブランド化」で

この野尻町に来た当日

「何をしましょうか?」

と、聞いた時の最初の命令は・・・

 

「とりあえず座ってて」

 

3時間座って、帰りました。

 

その後、どうも16年続いている

活動の内容を誰も知りません。

 

その時いた先輩隊員に話を聞いても

 

「町が出している広報誌よんだら?」

 

全部読んだって細かい数字は無いです

 

しょうがないので町唯一の加工場に行きました

f:id:natsuking-15:20170704002146j:plain

ココだけがハーブティを作っているのでいいかなと。

 

ココの方たちは本当に優しくて仕事熱心で、

本当にお世話になっています。

 

ここがなければ僕は1ヶ月で辞めてました

 

過去の16年分のデータも、

社外秘の資料も、

レシピも、

今まで会社で起こったできるだけの資料を

僕に見せて下さいました。

 

そしてココから、仕入先である

「ハーブ愛好会」の方々を紹介してもらい

 

畑の様子、

愛好会の現状、

栽培での問題、

などを聞かせて貰った

 

僕は現場の問題を自分で感じたいので

畑に出向き、

作業をしながら現状を勉強した

 

そして、

「加工場・愛好会の為にがんばる」

「地元産の物産を育て上げる」

この目標を自分で立てて活動を行っていました。

 

しかし、不定期で行われる

「現在の活動報告会」

 

必ずココで、

「君は加工場に関わりすぎだ」

と、言われます。

 

毎日報告書をだしているのに

毎日出かけるときには言ってるのに

 

2.たくさんの人に会ってくれ

 

natsukilog.hatenablog.com

前回も書いたのですが

視野を広げる為にたくさん会えといってきますが

 

僕は、町内のハーブに係る人たちにたくさん会ってます

 

狭く深く」 

 

町内の人も言ってます

「町をあげての町おこしなのに役所のやつは1回も来ない!」

 

そんなお怒りをたくさん受けます。

 

自分が辞めたくなる理由

行政は「実績として見える活動をして欲しい」

 

町民は「一緒に活動してくれて掘り起こしてくれて嬉しい」

 

そんな町民中心の活動を行ってると

行政の都合で活動を抑制してくる。

 

また、活動とは異なる業務を押し付けてもくる

 

正直

嫌な思いして仕事して、わざわざそこに移住したいか?

 

僕には3年しかありません。

なので3年で仕組みをつくり

自分が町の人に重要と思われてこそ

移住した後も仕事に繋がると

僕は考えています。

 

今は、自分の今まで築いたもの

町民との信頼を得ているので

 

あえて

あえて

 

役所からの意向とは

真逆の活動を行っている思います

 

だからこそ町民主体で考えたい。

 

こんな葛藤のなか仕事をしていると

本当に辞めたくなる

 

もうちょっと自治体を考えればよかった

 

うちの地域の地域おこしは

今までの2人の先輩は

任期途中で辞めていきました

 

働きにくい自治体なんですよね

 

それでも頑張るんだけどね

なので

なので

意地でも3年満了続けた上に

地域で稼ぐ仕組みを作りたい

 

そう思ってます

 

https://www.instagram.com/p/BVm0uQgg9EN/

なんか新しい事したり、今までの慣習を壊して新しいの作ると必ず古い考えの人に嫌われる。田舎に若い人がいなくなる原因の一つだと思うからいつも心はこんなんですよ。だから気になって本をすぐ購入。破天荒でも馬鹿な方向行っちゃダメだから本くらいは読んどかんと。。。積読溜まってきたな。#本#ビジネス書#businessforpunks #jameswatt #stonecoldsteveaustin #宮崎#野尻町#miyazaki#nojiri#landscape #iphoneshot #japan

 

ちょうど読んでるんですが

すんごい勇気になる

ビジネス・フォー・パンクス

ビジネス・フォー・パンクス

 

 

自分の移住に向けて仕事を作ろうと

町のブランドを作り上げようと

しているだけで、なんで止められるのか?

 

 

 

実際、こんな感じでストレス溜まってます

 

最初から行政側も

「どんな仕事をしてほしいか」

「町としてどんなビジョンがあるのか」

「どんな風に係わってほしいのか」

 

ここまで用意をしてほしかったな。

そしたら最初からスムーズだったのにな。

 

なので今から協力隊になるかたも

役所のやり方にどっぷり浸れるならいいけど

 

最初は意見の交換を多くできると

いいかなと思います。。。

 

今日も1日頑張ります。。。