協力隊なつき の ぶろぐ

「地域おこし協力隊」としてハーブのブランド確立させるために地元宮崎へ!  そんな日々の出来事を綴っていきます。

【本番】移住トークショーで話してきた!

前回 の続きです!

natsukilog.hatenablog.com

 

 

6/11に東京の有楽町、交通会館にて

移住相談会のイベントがありました。

 

f:id:natsuking-15:20170603224430j:plain

 

この地域への移住を考えている人が相談しに来られるイベントで、

自分も「宮崎県 小林市」のブースにて相談員として席に座り

移住を考えいらっしゃる方と、お話をさせて頂きました

 

いろいろな方とお話をすることで、

やっぱり移住へのハードルだとか、人それぞれのタイミングなど

千差万別で相談を受ける方もなかなか大変でした。。。

 

 

 

 

ただ今回のメインイベントは、

「先輩移住者のトークショー

 

実際会場は少なく、50席ほどでした。

 

正直、イベント会場が入り口から離れた場所にあり

会場全体も思ったほどお客さんがいなかったので

 

「もしかしたら、お客さん数人かもね」

 

なんて冗談の話をしたりしていました。

 

トークショー事前準備

 

始まる一時間前に、事前準備がありました。

 

自分を含めて合計5人(長崎、鹿児島、沖縄、佐賀、宮崎)でまずは挨拶。

 

皆さん余裕がアリそう・・・・

 

僕はもう緊張気味。。。

 

まさかのパネルを出すやつ

 

司会者の方とも挨拶をし、本格的な打ち合わせ。

 

・合計3つの質問をするので全員が順場にマイクで答えていく

・質問のキーワードになる言葉を画用紙に書く

 

ほうほう、その3つの質問さえも忘れそうやわw

 

キーワードを画用紙に書く作業も

事前に答えたアンケートと違いすぎるのもアレなので

アンケート用紙を見ながら、自分の話しやすいように書いてみました。。

 

はぁ〜書きながら緊張してきた・・・

 

いざ本番! 

 会場は小さい50名ほどの席数しかありませんでしたが

立ち見の人が居るほど満席状態。。。

 

お客さんとの目線が同じで、かなり近いので緊張する・・・

それも宮崎のアナウンサーとカメラマンさんが自分を見ている

 

緊張する・・・

 

 

パネルの落とし穴

話す時に緊張するので、できるだけゆっくり話すことを心ががけていたのですが

以外に難しかったのが、、、

 

「パネルを出すタイミング」

f:id:natsuking-15:20170617121646j:plain

*1

 

自分が話す内容が頭で整理できていません

必死で考えて、その場で思ったことを中心に話しているので

パネルに書いているキーワードを忘れがちでした💦

 

なので、出すタイミングが変だったかな〜と思いながら必死に話し続けました。。。

 

終わってみて

今回の場合は事前の準備があまりにも短かったので

うまくいかなかったな〜とも思いつつ。

 

事前の準備をしなかったから、スムーズに進んだのかなと思いました

 

なんでも場数を踏んでいかないと、慣れないものなんですかね

 

 

実はこの後、アナウンサーの方に

「なんで緊張しないんですか」

 

と伺ったところ

「原稿あるし、スタジオはカメラマンしかいないから緊張しないよ

 逆にこんな講演みたいに原稿無い方が緊張してしまう」

 

とおっしゃてました。

 

同じ緊張でも、見方を変えると感じ方や考える事って違うんだなと思いました。

 

 

とにかく今回の件は自分にとって、とてもいい経験になりました!

 

仕事柄あまり人の前で話すことも少ないし

緊張も克服したいと思っていたので大変いい経験になりました!

 

ま、来週もあるんですけどね・・・

 

ではまた! 

*1:こんな笑顔出せる余裕はなかった