なつき の ぶろぐ

「地域おこし協力隊」としてハーブのブランド確立させるために地元宮崎へ!そんな日々の出来事を綴っていきます。

#0 畑はじめます!

最近感じていた違和感。

 

行政が推し進めるブランド化



生産者が推し進めるブランド化

 

現在の動きは確実に前者
それでは、正直おもしろくない。

だからといって、現在の
ハーブの生産者にその余裕はない

もっと生産者に権力を・・・

 

っていうことで、今日から畑をはじめます!

 

1.まずは借りている方にご挨拶

f:id:natsuking-15:20170713235804j:plain

今回の畑は
ハーブ愛好会の方が借りている畑です

この方のご厚意で、土地代はゼロ

f:id:natsuking-15:20170719002716j:plain

この形のパイプが3箇所あり
年間4千円で畑の水として使い放題なんですが
これも、ご厚意で使えるとのこと、、、

 

そのかわり、ちゃんと畑の管理を委託されているので
「労働力として対価を払う」事になっています! 

本当に感謝です!



まずは、土地代・水代を
畑からの収益で賄うのが目標!

 

2.めっちゃあつい畑・・・

今日も畑にお邪魔しましたが、、、

本当に暑いです、、、

なので急遽買ったのが、、、

f:id:natsuking-15:20170719003111j:plain

麦わらぼうし笑

 

てか笑えないくらい暑いんだから!


ちょっとダサくても機能性を重視。

f:id:natsuking-15:20170719003213j:plain

(680円麦わらでこれが一番安かった。手持ちが無かった)

ま、値段も重視・・・

 

3.苗の準備もできています!

まず植えるのは「レモングラス」という品種

 

f:id:natsuking-15:20170719003415j:plain

一緒に畑で活動をしてくれる方が10年間

株分けして生き残っているレモングラス

 

この子達が畑で思う存分育ってくれることを願っています!

 

5.やってみないと分からない!

実際、この先は成功するかどうかは分からない

不安でイッパイです。

 

だけども、町がハーブとして盛り上がっていない

原因の一つに自分が関わろうとしている

それによって、もしかしたら変える事ができるのかもしれない

 

とにかく、やって、なやんで、反省して、またやる!

 

新しい一歩だからこそPDCAサイクルを頭において

また、明日からの行動に移りたいと思います。

 

あすは、植えます。

 

 

畑をやろうと思った理由。

ということで、畑はじめますw

 

1.畑にたどり着いた経緯

過去記事にも少し書いているんですが

 

natsukilog.hatenablog.com

畑で作るって思った本当の理由は、

  • 野尻町にメインのハーブがない
  • 生産者のリーダーいない
  • 生産者に権力がないから町のイベントに振り回される

なのでこのリーダーに私達がなろうじゃないか❗

 

2.とにかく質にはこだわりたい


やっぱり作るからには質にはこだわりたい。

育苗の上手な方が10年間も株分けで少しづつ増やし

生き残っている強い個体を畑に植える!

 

現在、町の方では「ウリ」になるハーブがない

だからこそ、自分たちは「ウリ」になる

ハーブを一つ基本に幅を広げて行きたい!

 

3.今日は視察に行ってきた

f:id:natsuking-15:20170713235429j:plain

ペパーミントに花が咲いていました!

結構カワイイね!

 

f:id:natsuking-15:20170713235804j:plain

前回ここを訪れたのは一週間前

その間、雨は多かったけど

思ったほど草が生えていない!

管理しやすいのかもw

f:id:natsuking-15:20170714000126j:plain

土はこんな感じ

水分はいい感じで保って

粘土質にはならずボロっと崩れる

カフカの土。

 

なかなか良さそうですよw

 

4.やっぱ新しいことって楽しみ

f:id:natsuking-15:20170714000457j:plain

きっと畑の作業はこの時期、暑くて辛い

だけども、新しいことへの挑戦は楽しみ

とにかく今の野尻町には

「ウリ」になるハーブがない。

 

このない状態、盛り上がっていない状態で

【ハーブ祭り】なんて意味がないと思う。

 

これを今年で18回目

そろそろ何か新しい事をしないと

本当に終わってしまう・・・

 

5.そして目指すもの

畑は町の育苗を行っている

若い男性と2人ではじめます。

 

まずはブランド価値の確立と

ハーブの品質を一定するには

ちょうどいい人数かなと思っています

 

また、冒頭に書いた

  • 野尻町にメインのハーブがない
  • 生産者のリーダーいない
  • 生産者に権力がないから町のイベントに振り回される

とにかくこの上を解決すべく

  • 野尻町にメインの「レモングラス」の誕生
  • 生産者のリーダーになり愛好会を引っ張る
  • 生産者に手動の町づくりをやっていく

とりあえずの目標はこんな感じ。

 

早くて来週から苗を植えていく

f:id:natsuking-15:20170706095432j:plain

先々不安だけど、まずは一歩一歩。。。

 

 

NAGOMI AROMA レモングラス 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】

NAGOMI AROMA レモングラス 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】

 
ユウキ レモングラス(セレー) 40g

ユウキ レモングラス(セレー) 40g

 
ユウキ エスニック レモングラス 2g

ユウキ エスニック レモングラス 2g

 

 

 

 

 

 

畑で実際に作ってみたい!

まずは野尻町のシステムをおさらい

・ハーブ愛好会がハーブを生産

・町の加工場でハーブティとして販売

・「ハーブで町づくり」をかかげて16年くらい

・1年に1度のハーブ祭りを開催

 

現在の活動内容はこんな感じ

弱点としては

・生産量が少ない

・ハーブの納品数が少なくて商品が製造できない

・16年間の過去の情報がほぼない

・ハーブ祭りの目玉がない

 

とにかく町にハーブが馴染んでいない!

でもやっぱりハーブで何かを作り上げたい!

自分の手でハーブで稼げる仕組みを作りたい!

 

とゆうことで、新しい動きをこれから起こす!

 

畑を借ります!

f:id:natsuking-15:20170711225344j:plain

現在、ハーブ愛好会のある方が借りている

畑があるのですが、大きすぎて手が付けれていない状態。

 

そこで、僕と、もう一人ハーブに詳しい方と

2人で畑デビューをしたいと思っています!

 

もちろん簡単にできないのはわかってる。

なので専門の方の知識を借りて頑張りたいです

詳しい方の記事は↓

 

natsukilog.hatenablog.com

 

目指したい畑

とにかくハーブって

「おしゃれ」なイメージが有る

f:id:natsuking-15:20170708155610j:plain

だからこそ

例えば商談の際に畑に来られた方に、、、

f:id:natsuking-15:20170711230140j:plain

こ、これはやりすぎだけど

ハーブ園を見ながら商談できたらいいな〜

なんて考えています。

 

野尻町はハーブを「見て楽しむ」場所もないので

そうゆうのも作って行きたいな❗

 

もう一つの課題は「大量生産」

もちろん質にこだわり、一定品質の商品を

できるだけ多く作りたい!

 

だけども、少量から練習をして

少しづつ収穫量を増やしていきたいと思います

 

まずは実践あるのみ

とにかく、まずはやってみる

 

ただ闇雲にじゃなく

計画的にやってみる。

 

まずは、

・町の加工場にハーブティの材料として納品

・苗の販売

などで収益を積み重ねる

 

加工場ではいつもお世話になっているので

ハーブティの販売戦略も現在進行中、

 

色々なところに交わって

ハーブを盛んに町の中で広めていきたいと思います

 

 

とにかく、これからが楽しみ!

頑張っていきます!!!!!!!

 

課長と語った町おこしの4つの問題点

f:id:natsuking-15:20170708162304j:plain

もはや楽しくなってきた!

今日はいきなり陰口を耳にしてしまった。
なかなか自分より上の方に

「あいつのやってる事は町おこしじゃない」


いよいよ嫌われて来たか!

ただ嫌われるってことは正しい事をしている証拠

ビジネス・フォー・パンクス

ビジネス・フォー・パンクス

 

 今読んでいるこの本にかかれている

嫌われものになれ

「敵がいることはいいことだ。人生のどこかで、何かのために立ち上がった証なのだから 」ウィンストン・チャーチル

・万人に喜ばせようとしてはいけない。評価が分かれるのは大歓迎だ

・自分の好きなことで成功すれば、それだけで憎しみを向けられることになる。

                         (P.51,P53参照)

 今やっている事が役所には認められず、

ハーブに携わる町民にはありがたく受け止められる楽しい状況。

逆に絶対、町民のみなさんと成功させてやるという
モチベーションに繋がっているので
ほんとうにあざーっす!!

そんな中、急にうれしい連絡が入った。

・前職の課長が宮崎にやってきた

この人は前職のアンテナショップで

お世話になった課長。

https://www.instagram.com/p/BVSHKboBhim/

勤めていた3年間で
・物産を売る難しさ
・行政主体の失敗の数々
・商品に対する目的の無さ

いろいろ嫌な物を、見てきて、感じて
自分の故郷が情けなく感じて
課長からたくさん鍛えられて

自分も故郷で物産に携わりたい!

そう思ったきっかけの人でもありました。

そんな課長と今の地域を案内し
久しぶりにお話したので、
その時感じた事をまとめてみよう!

 

1.「売る」目的ってなんですか?

f:id:natsuking-15:20170708155030j:plain

宮崎はなぜか「東京」が好きだ。
中途半端な商品でも理由をつけては
「東京で売りたい」
と言い出す。

 

ただそこからは何もビジョンもない。

その先、・その商品がどうなっているのか?
    ・東京での市場調査なのか?

    ・首都圏での販路を拡大したいのか?

その後の事を何も考えていない

販路を拡大すると単純に生産量を増やす必要がある
こだわれば、こだわる程、材料の確保が難しい

それが実現できればいいけど、
大半の業者は、
「店に置いとけば売れるでしょ?」

「売るのは売場の仕事でしょ?」

こんなこと言い出すやつは正直論外。

商品のこだわりは「生産者」しかお客様には伝わらない。
他の商品との違いを出すことに集中し、
商品を店舗においたら
店舗側と協力する必要がある。

売りたいならPOPじゃなくて

有益な情報をください。

販売店に置いた後だって
机に座ってる時間はないですよ。

 

2.中途半端商品は売れない

f:id:natsuking-15:20170708155345j:plain

 

売るには「商品の情報」が絶対に必要

・ストー

・地元での商品の知名度

・こだわり

などなど


アンテナショップ時代、
実際に店舗に立って感じたのは

「中途半端な商品は売れない」

本当に売れないから。

 

こんなのを持ってくるなんて
店にも迷惑だし、その市町村の印象も悪くなる

 

物産品ってただの「お土産」じゃない

 

その土地以外の人からした
「その土地の名物」

になるわけだから
適当なものは売れない

だからこそ、売りながらでもいいから

情報を集めて、どのようにアピールするか

長い時間、現場で考える必要がある。

生産者の思いとこだわり
加工者の思いとこだわり
なぜその町で作っているのか

「現場で考える必要がある」

現場って売場・加工場どっちも。

 

机に座って考えるだけじゃ売れる訳ない。
とにかく情報集めて、商品の知識を詰めやがれ!

っていつも思ってるから、
今年は時間をかけて情報を集めたい。

 

3.町づくりと物産

f:id:natsuking-15:20170708155610j:plain

 

本来、物産を売るってスゴく難しいもの

地域性の強い商品を、他の地域の人に売るって
買うまでになかなかハードルがある

「北海道」や「沖縄」みたいに
道名・県名がブランド化されていると
結構買いやすいけど
正直それ以外の場所は
とにかく差別化をしないと
厳しいのが現状だと感じてます。

 

まだまだ僕の経験は少ないけれど、
この課長と3年半過ごしてきて
同じような考えを持つことができた

この課長が認めるような
アンテナショップが求めるような
商品作りを考えると
気軽に「町おこし」なんてバカなこと言えない

もっと最初は泥臭く、地道に、ゆっくりと
16年間埋もれたままの情報を掘り返し
その中から歴史と、これからの売り方を
再度、考えていかないと。

4.お金で考える町おこし

f:id:natsuking-15:20170708155901j:plain

結局、各市町村で行っている
「町おこし」って予算は税金です
みんなのお金なんです

おそらく数十万単位で年間用意されているでしょう。

 

ただ

きっと「町おこし」で予算が回収されることは無いです。

普通の会社であれば
「新事業の為にお金を集める」

行政の場合だと
「予算を引っ張ってどう使うか考える」

この違いは、かなりでかい。

自分で稼いだお金は大事にするけれど

最初から用意された予算は大事にしない。

「町おこし」に携わる地域住民だって
予算が使えると思うと
そりゃそれに頼ってしまう。

 

それはでは良い物出来ません。。

 

町全体で予算を上回る売上を上げないと
町全体で関係した人間が儲からないと
本当の町おこしにはならないと思う。

 

最後に・・・

空港に送った後、1人で同じ道を戻った
ちょっと寂しくなった車内の中、
今日の話でまた頑張ろうと思えた。

前の職場、そしてこの方のお陰で
いろいろな物産関係の失敗を見てきた。

批判をいちいち気にしたってしょうがない

 

上の話はほとんど自分の気持が強いが

自分が考えている事は間違いじゃない。


ただ見方が違う人からすると間違いかもしれない。

 

自分が信じている「やるべき」事をとにかく突き通す

皆で手を繋いで「頑張ったね」は嫌い

誰かの手を引っ張って「次はこうしよう!」が好き

 

とにかく胸張って仕事をしようじゃありやせんか!

 

ブログのプロフ写真を設定したい!

今日はダラっと書いていきます。

 

なんとなーく気になっていた

この部分

f:id:natsuking-15:20170707002837p:plain

 

やっぱ顔写真無いと変ですかね?

 

いろいろな人のブログのみていると

やっぱりココでブログの雰囲気を

勝手に想像してしまう。。。

 

だからこそやっぱり必要ですよね!

 

てことで

「思い立ったが吉日」

すぐに設定してみた。

f:id:natsuking-15:20170707003031p:plain

 

まずプロフィールってものを

最初の時以来いじってないから

困ったけどすぐに出来ました!

 

だけど未だに

ブログの方には反映されていない

f:id:natsuking-15:20170707003230p:plain

 

違うのか。。。

 

ブログ内の設定で探してみると

あったあった。

僕は馬鹿だった。

 

f:id:natsuking-15:20170707003442p:plain

f:id:natsuking-15:20170707003448p:plain

 

すぐさま設定

f:id:natsuking-15:20170707003550p:plain

 

後は少し様子をみて

f:id:natsuking-15:20170707003230p:plain

↑ここに画像を乗っけたい!

 

やっぱりブログって

書き続けることで確かに

閲覧数は増えているけど

 

ブログ自体が

キレイにカスタマイズしてないと

僕はあんまり読んでない事に気づいた

 

だからこそ自分のブログも

これから、少しづつ少しづつ

手を加えて行こうかな!

 

そんなんで今日はおわり!

 

 

 

 

やっぱ専門家ってスゴイ・・・

最近は身の回りの嫌な事ばかり書いていたので

今日は本格的に自分の活動について記述です。

 

 

やっぱ専門化の人ってすごい

ある方に育苗に詳しい方に

僕の知り合いの方の畑をお見せしました

 

僕としてはその方の畑は大方余ってて雑草だらけ

別の仕事も忙しいので手が付けれていないのが現状です

f:id:natsuking-15:20170630004749j:plain

こんな感じ

 

ただ昨日は旦那さんが耕うんしたらしく・・・

畑の奥から撮った写真ですが・・・

f:id:natsuking-15:20170706091928j:plain

こんなにきれいになってますw

だけども、一人で個々の管理はおそらく無理。

 

また雑草だらけになる可能性が

そこで育苗に詳しい方にこの畑を見せて

畑の具合(?)を見てもらう事にしました。

 

周りの植物を見る

まずは周りの雑木林をさーっとみて

「あれはエノキ、これは古参竹で、あっちには梅・栗・柿があるから手が加えられてる」

ちょっと周りを見ただけで、

畑にとって邪魔するものなのか判断をしていた

 

素人は土さえよければって思ってたけど

まずは周りの環境を確認していた

 

まだ僕にはわからないが

葉や枝の付き方でけで木の選別をしている姿は

すんごくかっこよかった

 

土を見る

お次は土

野尻町の土は昔

火山の堆積物が積もって

出来た地層なので、いろいろな層が混じっています

 

その方は土を触るなり

いろいろしっている。

 

「このロームは何千年前の地層で・・・・」

「水持ち、水はけいいからこの土は大丈夫!」

 

すごい、なんか研修してるみたい!

 

ビックリするくらいの情報量。

 

取敢えず、土はイイみたい!

 

方角を見る

単純に植物って

光合成の為に「日光」が当たればいい

と思っていましたが、

この畑の周りは雑木林に良い感じで囲まれているので

方角も重要だと。

 

長時間全体的に日光も降り注ぎ

台風の風も軽減してくれる場所に

木が覆っていたり

 

すんごい所を見てるんだ。。。

 

僕にはその視点はなかった。

 

だから農業って簡単じゃない!

正直、自分の周りの素人は単純に考えている

畑があれば簡単にハーブは育つと、

畑も見らずに、簡単に育つという。

 

一概に畑と言っても

若干土の色が違ったり

周りの環境が違ったり

 

本当は始める前にたくさん考えないといけないと思おう

 

植物は室内で温度を管理しない限り、

カレンダー通りに成長をしてくれる

 

だからこそ、

失敗したり、タイミングを逃してしまうと

屋外で育てる場合、来年を待たなければならない

 

だからこそ、慎重に進めなければならないのだ!

 

なんで簡単に考えちゃうんだろう

慎重すぎるのもいけないが

考えなさすぎのもいけない

 

広い農地の活用法

とはいっても

いい土で、環境もいい場所だと

すんごい雑草生えちゃうのw

 

 

だから、まずは一画から計画的に育てて

雑草の対策も少しづつしながら

やっていくのがベストかなと考えています

 

僕もハーブの栽培は興味があり

この土地だと「レモングラス」が適しているそう

f:id:natsuking-15:20170706095432j:plain

ティーにしたり

タイ料理のトムヤムクンの香りづけにも使われています!

 

これを基盤に頑張っていけるといいな。。。

 

 

まずは、この畑を借りる事ができるのか。。。

 

「行政」の求めるもの「自分」の目指したいもの

よく地域おこし協力隊の

ブログや記事を読むと

たまに出てくるフレーズ

 

”若者を殺す制度”

”若者の未来を奪う”

などなど

 

自分もたまに感じる事があるので

これから協力隊になりたいと思っている人に

届いてくれ!!

 

全国の担当者にも届いてくれ!

 

  •  1.仕事を急に抑制してくる
  • 2.たくさんの人に会ってくれ
  • 自分が辞めたくなる理由
  • それでも頑張るんだけどね

 

続きを読む